相談

イエールプラスに相談する

スムーズに手続き完了! ノンストレスな不動産登記

ややこしい「不動産登記」が、一つの窓口で完了できる。

家を建てる時や土地を売買する時、「不動産登記」という手続きが必要です。その際、土地の形状や面積などを調査や測量をする「土地家屋調査士」と、所有権に関して担当する「司法書士」が分担し申請手続きを進めていくのが一般的ですが、各専門家が別々の事務所の場合が多く、手続きが煩雑になりがちです。当所は土地家屋調査士と司法書士、行政書士の国家資格を持っているため、許認可の申請から土地建物の調査、書類作成、登記手続きまでが一つの窓口で行えるのが大きな強みです。「土地家屋調査士」は耳慣れない職種かもしれませんが、住まいの増改築や取り壊しのとき、田畑の一部に家を建てるとき、相続した所有地の境界が曖昧だったときなどに測量を行い、境界を決めることができる国家資格。既に建物はないのに書類上では建物が残っている場合も調査にあたります。

スムーズに手続き完了! ノンストレスな不動産登記

住宅ローンを完済したら、すぐに抵当権を消そう。

住宅ローンを組むときに、土地や建物を融資の担保にすることを「抵当権設定」といいますが、この住宅ローンを完済したら抵当権を消す「抹消登記」を必ず行ってください。消さずに放置された抵当権は、いざその土地や家を売る、貸す場合になったとき、思わぬ邪魔をします。実際、未だ明治時代からの抵当権が書類上存在して足踏み状態の物件も珍しくありません。放っておいても自然に消えることはありませんので、見つけ次第、司法書士にご相談ください。調査して抹消の方法やかかる期間を提案させていただきます。最近では、自分で登記申請する方も増えていますが、書類や手続きの多い不動産登記は混乱が生じやすいもの。私たち専門家にお任せくだされば、スムーズに確実に手続きを進めることができます。

スムーズに手続き完了! ノンストレスな不動産登記

Message

「IELL+」のサービスを受けた方の、よりよい住まい環境を創造するお手伝いを通して、買主さん、新築主さん、借り主さん、大家さん、ときには工務店さんなど、いろんな立場の方が「満足できる」状態になるように。そして、人々がのびのびと自由で、いきいきと暮らせる、健全な地域や社会が実現するように。
私たちは全力で支援していきます。

(南合同事務所)
姫路で開業して25年。司法書士の雄一朗氏と、土地家屋調査士・行政書士の父、和也氏の親子で運営。
農地転用など各種許認可手続き、土地の境界調査・分筆、相続登記など不動産に関する一連の登記業務と商業登記による各種会社法務手続き、成年後見などを行う地域の身近なホームドクター。