保証

イエールプラスが保証する

建てる前も、売るときも 「瑕疵(かし)保険」は常識。

住む人を守るための、事業者対象の保険。

私たち「住宅あんしん保証」は、国土交通大臣指定の住宅瑕疵(かし)担保責任保険法人です。瑕疵とは、きずや欠陥を意味する法律上の言葉。瑕疵保険といって雨漏りや耐震性能不足など見えない施工ミスが見つかった場合に備えて事業者側が加入する保険商品を扱っています。例えば、建てている途中でハウスメーカーや工務店などの事業者が倒産した場合、残りの工事が保証される「住宅完成保証制度」や、引き渡しから10年以内の住宅に欠陥が見つかった場合、売り主らが経営破たんしていても購入者に保証費が支払われる「住宅瑕疵担保責任保険」など、着工から竣工、リフォーム、売買まで、住まいにまつわるあらゆるステージを網羅しています。こうした保険は、10数年前に起きた「耐震強度偽装事件」をきっかけに整備された「住宅瑕疵担保履行法」によって誕生したもの。この法律によって、新築住宅の事業者の保険加入(あるいは保証金の供託)が義務化されましたが、物件によっては保証制度の対象に該当するもの、あるいは対象外のものもあるので、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

建てる前も、売るときも 「瑕疵(かし)保険」は常識。

瑕疵保険の加入で、住まいの資産価値UP!

少子高齢化に伴い、今後は中古住宅の売買が活発になっていくと予想されます。保険業界も中古住宅に関する保険に力を入れており、「瑕疵保険はつけて当たり前」の時代はもうすぐです。中古住宅購入後に見つかった欠陥の補修費用が保証される「あんしん既存住宅売買瑕疵保険」や、個人間の売買をサポートする「あんしん既存住宅個人間売買瑕疵保険」なども既に整備されていますが、物件によっては耐震診断をクリアした住宅でなければ加入できない場合もあります。何かが起きてからでは、既に遅しです。事業者だけでなく、住まい手さんも購入時から万が一の場合に備えた手だてを意識しておくことは、自分の資産を守り、より資産価値を高めることにつながります。

建てる前も、売るときも 「瑕疵(かし)保険」は常識。

Message

住宅ローンの対応以外では、私たちが住まい手さんの前に出て行くべき存在ではありません。ですが、常に住まい手さんの思いを考えながら、保険という安心をお届けしたいと思っています。当社の経営理念の一つである「すべての活動の原点をお客様におき、誠実かつ公正な対応により、地域住文化の発展に貢献する」を実現するために「IELL+」においても播磨エリアの安心安全な住まいづくりに貢献したいと思います。

(株式会社 住宅あんしん保証)
国土交通大臣指定 住宅瑕疵担保責任保険法人、国土交通大臣登録 住宅性能評価機関。1999年、全国優良建材販売業者が結集して、地場工務店支援のための住宅関連保証会社として設立。2008年、住宅瑕疵担保責任保険法人として、国土交通大臣より指定を受ける。2009年大阪支店(現・大阪営業所)を開設。住宅完成保証制度、各種住宅瑕疵担保責任保険、リフォーム工事瑕疵担保責任保険のほか、住宅履歴情報サービス「あんしんいえかるて」、長期固定金利住宅ローン「フラット35」なども販売。

イエールプラスが厳選した住まいの専門家プロフェッショナルインタビュー

プロフェッショナルインタビュー 一覧