相談

イエールプラスに相談する

住宅ローン

住宅ローン
住宅購入では、ほとんどの方が住宅ローンを利用します。空前の低金利時代と呼ばれる現在、借入金利を基準に選ばれることが多い住宅ローンですが、最近では従来の銀行系に加え、ネット銀行系、住宅金融支援機構系など種類も多く、どのローンが最適かどうかは素人では判断しにくい側面もあります。イエールプラスでは、中立的な立場から新築、リフォームなど様々なローンのアドバイスができるローンアドバイザーが在住。各種補助金制度の利用も視野に、お客様に後悔させない住宅ローンをご案内いたします。

不動産登記

不動産登記
土地や建物を取得した場合に必要になるのが不動産登記です。不動産登記は、大切な財産である土地や建物の所在・面積のほか、所有者の住所・氏名などを公の帳簿(登記簿)に記載し、これを一般公開することで、権利関係などの状況が誰にでもわかるようにし、取引の安全と円滑をはかる役割をはたしています。不動産登記が必要な理由は、その不動産について登記がされている人しか、本物の権利者として主張できないからです (民法177条)。相続が発生し、不動産の権利関係に変更があった場合も、遺産分割等の手続きをすみやかに済ませておくことが後々のトラブル回避につながります。不動産登記は個人(自分)で行うこともできますが、新築や土地の取得、建物の取得、相続等など様々な種類がありますので、専門家に任せた方が安心で確実です。ぜひ、イエールプラスにお気軽にご相談ください。

相続対策

相続対策
人が死亡すると、その人が所有していた財産は配偶者や子どもなどが相続します。相続税は、この財産の移転にともなって課税される税金です。相続によって財産を取得した人には相続税を納める義務が発生します。そして相続する遺産総額が一定額(相続税の基礎控除は3,000万円+600万円x法定相続人数)を超える場合は申告して納税することになっています。相続税の場合、毎年のように法律や規則が変わり新たな通達が出されます。個人でその情報をキャッチし、申告するのは容易ではありません。また、専門家である税理士にも得意分野があります。大切な人から譲り受ける大きな資産だからこそ、実績を持ち、最新の動向もキャッチしている税理士を選ぶ事が重要です。

補助金制度

補助金制度
大金が必要になる住宅購入やリフォームでは、できるだけ経済的負担を軽くしたいもの。その際に積極的に活用したいのが、国や地方自治体が行っている様々な支援制度です。これらを複数組み合わせて利用すれば、100万円単位の軽減も可能です。住宅購入をサポートする公的制度は、「補助金」「減税」「その他」の3つのカテゴリーに分けられます。直接現金が受け取れる補助金制度としては、「すまい給付金」「地域型住宅グリーン化補助」などがあり、一定の条件をクリアすれば誰もが補助金を受け取ることができます。また、省エネ住宅の新築やエコリフォームの普及のため、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やエコリフォームに対して、様々な商品等と交換できるポイントを発行する制度「省エネ住宅エコポイント」などもあります。その他にもローン減税など、「使わないと損」な制度が多数ありますが、残念なことにあまり一般的に知られていなかったり、実際にどれだけの補助が受けられるのか素人には分かりにくいという側面もあります。イエールプラスでは、これから家を建てたい、リフォームしたいという方にぜひ知っておいて頂きたい「補助金」についての情報提供と、その申請まで対応させていただきますので、ぜひ一度ご相談ください。