保証

イエールプラスが保証する

リフォーム工事品質保証

リフォーム工事品質保証
古くなったキッチンやバスルームをリフレッシュしたい!テレビ番組などの紹介もあり、すっかり身近になった住宅リフォーム。しかし反面、工事の品質やアフターサービスについて、工事業者と施主との間でトラブルが発生することもあります。そんなトラブルを回避するために、リフォームにも新築と同じように保険制度がある事をご存じですか?イエールプラスでは、消費者保護の観点から、もしリフォーム工事に欠陥などが見つかった場合、その補修費用を工事業者が負担する「リフォーム瑕疵(かし)保険」への加入を工事業者へ義務づけています。保険はリフォーム業者が加入しますので、基本的に消費者が費用を負担することはありません。イエールプラスに登録されている業者はリフォーム瑕疵(かし)保険を実施する保険法人が定める登録基準をクリアした業者のみ。一般社団法人 全国住宅産業地域活性化協議会の「リフォーム工事施工技術指針」に沿った施工方法を推奨しております。

住宅瑕疵(かし)担保責任保険

住宅瑕疵(かし)担保責任保険
新築住宅については、引き渡しから10年の間に床の傾きや雨漏りなど重大な瑕疵(欠陥)が見つかった場合、施工会社は無償で修理しなければならないという決まりがあります。しかし、もしも10年以内に施工会社が倒産してしまっていたら、修理してくれる人がいないので保証が受けられないことになってしまいます。そこで導入されたのが、住宅瑕疵担保責任保険です。新築から10年の間に欠陥が見つかった場合、保険会社から保険金が支払われ、修理費用に充てられるというもので、施工会社が倒産していなければ施工会社に保険金が支払われ、倒産していた場合は施主に保険金が直接支払われます。施工会社はこの保険に加入するか、保証金を供託するかのどちらかが義務づけられているので、施主は大手ハウスメーカーだけでなく、地元の工務店や建築会社にも安心して建築を頼めます。もちろんイエールプラスがご案内する建築会社、工務店も住宅瑕疵担保責任保険に加入しています。

完成保証

完成保証
施工会社の倒産などで工事が止まってしまうのを防ぐための制度が住宅完成保証制度です。施工会社が保証会社などに登録することで、万が一施工会社が工事中に倒産しても、前払い金や追加工事費用が保証されるほか、希望すれば工事を引き継ぐ施工会社の斡旋もしてもらえます。5万~10万円前後の保証料は施工会社が負担する形になっているので、施主様は建築会社の規模に関わらず安心して住宅を発注できるようになっています。

住宅設備の長期保証サービス

住宅設備の長期保証サービス
イエールプラスに加入している工務店や施工会社で対象の住宅設備商品をご購入の場合は、通常のメーカー保証期間(1年)を過ぎても、5年間の無償サービスを受けていただけます。毎日の暮らしに欠かせない給湯器などは24時間の緊急サービスとも連携しており、万が一の故障時も安心です。

イエールプラスが厳選した住まいの専門家プロフェッショナルインタビュー

プロフェッショナルインタビュー 一覧