pick up サポーター

pick up サポーター

TOTO株式会社 姫路営業所

所長 古野 努さん

私たちと地域の専門家が繋がれば、住まいはもっとよくなる。

1917年創業のTOTOが、姫路にショールームを構えたのは1994年のことです。開設当初は、工務店さんなど対建築専門家さんメインにしていましたが、最近は、お客様自身が実物を確かめたいというニーズが強くなり、エンドユーザーさんと直接お話しできる機会が増えています。全国平均に比べ、新築物件の多い姫路界隈のお客様と接していると、「長く、快適に使えるように、手入れしやすい設備」を選ぶ人が多くなっています。みなさんの理想の生活をカタチにするお手伝いをするのが私たちの役目。モノよりコト。生活空間のその先にある喜び、夢をイメージしながらサポートしたいと思っています。

高齢社会を迎え「自宅で介護」が増えつつある今、現在ではなく、施主さんの先々のことも考えた設備に搭載しているのがTOTOスタイル。あからさまにバリアフリーなのではなく、オシャレなのに実は…という「さりげなくバリアフリー」な製品が増えています。例えば、節水率業界No.1の「ネオレスト」やニオイを分解する床材を使ったトイレは、抱えやすいスペース、手すり代わりになる手洗いカウンターが標準装備。トイレだけでなく温かい脱衣所など、介護が必要な人はもちろん、介護をしている人にもやさしい設備を揃えています。

しかし、「こうすれば、もっと住まいはよくなる」という思いが、ショールームだけでは伝わりにくいケースもあると感じています。私たちメーカーが、イエールプラスを通じて地域の専門家さんたちと深くつながることで、お客様によりよい情報をご案内できる環境が構築できるのではないでしょうか。悩みを抱える地域の人々のために、建築の専門家とメーカーが相互連携をいかに図るか。そこがポイントになると思います。